高相祐一

離婚したい酒井法子 離婚したくない夫・高相祐一 12日に直接会談

ブログネタ
.気になったニュース26 に参加中!
離婚したい酒井法子 離婚したくない夫・高相祐一 12日に直接会談

酒井法子は減刑のために「離婚」という言葉を口にしただけなのではないだろうか!?

デイリースポーツによると元女優・酒井法子(38)の夫で、覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された自称プロサーファー、高相祐一被告(41)に対する判決公判が27日、東京地裁で開かれ、懲役2年、執行猶予4年の有罪判決が言い渡された。高相被告は控訴しない予定。刑が確定する12月12日にも、離婚に向けて2人の “直接会談”が行われ、合意しなければ離婚調停に持ち込まれる可能性もある。
  ◇  ◇
 12月11日の控訴期限をもって高相被告の刑は確定するが、翌12日にも酒井と離婚について直接話し合うことが分かった。
 酒井被告の逃亡を手助けした都内の建設会社会長は27日、「酒井には“これからは1人頑張れ”といっている。でもあっち(高相被告)は別れたくない、こっち(酒井)は別れたいということ」と周囲のアドバイスもあり、過去の清算をアピールする意味でも離婚したい酒井と、親子3人で暮らしたい高相被告側の意向が平行線をたどっていることを認めた。
 さらに「すぐには調停という話にはならない。直接話し合うのが筋」とも語り、酒井が一方的に離婚届を送付するという一部報道を否定。すっきりと年越しするためにも、一刻も早く決着をつけたい酒井が12日の“直接対決”を申し入れるもようだ。
 一方で、更生のためには酒井や長男の支えが不可欠と考え、“復縁”を迫る高相被告がすんなり離婚を受け入れる構えはない。酒井側は調停も覚悟の上。話し合いが決着しなければ、離婚調停、さらには家庭裁判所を舞台に“法廷闘争”となる可能性もあり、ドロ沼化も予想される。

どうなってるのよ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091128-00000003-dal-ent

したたかな酒井法子 初公判いい人作戦大成功「2週間で覚せい剤抜けると思った」

ブログネタ
.気になったニュース24 に参加中!
したたかな酒井法子 初公判いい人作戦大成功「2週間で覚せい剤抜けると思った」

あの悪質な逃亡劇した女だということを忘れてはいけない。

デイリースポーツによると9月17日の保釈後の会見では酒井法子の左手薬指のタトゥーがきれいに塗りつぶされていた
 覚せい剤取締法違反の罪で起訴された元女優・酒井法子被告(38)の初公判が26日、午後1時半から東京地裁で開かれる。関係者の話を総合すると、酒井被告は9月の保釈&謝罪会見同様、ヘアメークら“チームのりピー”を編成し、タトゥーを消すなど“反省スタイル”で出廷するとみられる。また、21日の初公判で酒井被告をかばうためにウソの供述をしたと述べた夫の高相祐一被告(41)に対し、酒井被告から反論が飛び出せば、夫婦による“法廷バトル”の可能性も。覚せい剤に手を染めた動機についても明かすのか、注目される。
  ◇  ◇
 酒井被告の初公判は、女優・酒井法子による“のりピー劇場”第2幕となりそうだ。
 酒井被告は、9月17日の保釈時に専属のヘアメーク担当者ら2人を呼び寄せ、薄化粧に上下黒のスーツで反省した姿を“演出”。2時間後の謝罪会見では、夫・高相被告とおそろいの左手薬指の星形タトゥーと左足首のタトゥーを肌色のファンデーションを塗って隠すなど、したたかな計算が随所にみられた。
 保釈時は、前所属事務所「サンミュージック」が手配したが、関係者によると、初公判では独自のルートでヘアメークやスタイリストらを結集。悪印象につながるタトゥーを消すのはもちろんのこと、優等生ファッションやメークなど外見からも薬物のイメージを消し去り、かつての清純派アイドルのイメージを前面に押しだし、法廷で情状に訴える作戦だ。
 高相被告は、初公判で酒井被告の担当弁護士からの指示を受け、酒井被告をかばうために覚せい剤の使用場所を自宅でなく青山公園とウソの供述をしたと明言。酒井被告の常習性を強調したとも受け取れ、法廷での酒井被告の発言次第では、検察側の証人として高相被告が出廷し、法廷が“夫婦ゲンカ”の場になる可能性も浮上してきた。
 初公判には、情状証人として、一緒に“逃走”した当事者であり、身元引受人である酒井被告の継母が出廷する可能性が大きい。いまだ謎の多い“シャブ抜き逃亡”中の様子など新たな事実が飛び出す可能性もある。堕(お)ちたアイドルは何を語るのか。都内の病院からの退院後、行方をくらませている酒井被告の発言に注目が集まる。

どうなってるのよ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091026-00000000-dal-ent

したたか酒井法子 初公判いい人作戦大成功「2週間で覚せい剤抜けると思った」

ブログネタ
.気になったニュース24 に参加中!
したたか酒井法子 初公判いい人作戦大成功「2週間で覚せい剤抜けると思った」

あの悪質な逃亡劇した女だということを忘れてはいけない。


J-CASTニュースによると覚せい剤取締法違反の罪に問われている女優の酒井法子被告(38)は、2009年10月26日に東京地裁で開かれた初公判で起訴事実を全面的に認めた。テレビ各局は、通常の番組を拡大して速報。芸能界や法曹界から多くのコメンテーターが出演したが、「奥さんとしても妻としても資格のない人」とか「検察の『簡単には(裁判所に)執行猶予を出させない』という姿勢が表れている」といった、被告に厳しい見方も出た。

 初公判では、20席の一般向け傍聴席に対して、6615人が、裁判所近くの日比谷公園に列を作った。使用された法廷が、他の「大事件」と比べて小さかったこともあって、競争率は過去最高の330.75倍を記録した。

■「介護の勉強をしていきたい」

 公判では、酒井被告は起訴内容を全面的に認めた上で、夫の高相祐一被告(41)と離婚する意向を涙ながらに表明。今後については、「介護の勉強をしていきたい」などと述べた。

 初公判をめぐっては、テレビ各局も特別体制で報じ、様々なコメンテーターが登場した。その中では、酒井被告に対して厳しい見方をするものも少なくなかった。

 各識者のコメントの中で共通しているのが、「酒井被告が犯行の様子を正直に話している」といった趣旨のものだ。

 例えばTBSの「ひるおび!」では、覚せい剤の入手経路について、酒井被告と高相被告との証言が大筋で一致していることから、元麻薬取締官の浦上厚さんが、

  「(酒井被告は)今、うそをつけない気持ちになっている」

とコメント。元警視庁捜査1課長の田宮榮一さんも、

  「だんだん、真実に近づいてきた。『(覚せい剤を)使わないと疲れてしょうがない』といったような禁断症状ですね」

と、禁断症状についても率直に証言していることを指摘。八代英輝弁護士も、

  「正直に語っている、という印象がある」

 と、これに同調した。各コメンテーターの評価がおおむね一致したTBSに対して、コメンテーターの間の温度差が浮き彫りになったのがテレビ朝日の「ワイド!スクランブル」だ。

■「奥さんとしても妻としても資格のない人。腹立たしい」

 検察出身の大澤孝征弁護士は、薬物依存から抜け出すためには、高相被告との関係を断ち切ることが重要だと主張。その上で、酒井被告が公判の中で高相被告と離婚することを明言しなかったことについて、

  「『こういう人とやっていくつもりはない』と言ったほうが。本当は良かったのかも知れない。その辺があいまいと受け取られる余地がある」

と、酒井被告に不利になる可能性があることを指摘。

 さらに、

  「検察による被告人質問が非常に長かった。おそらく、弁護側よりも長かったと思います。これは、『簡単には(裁判所に)執行猶予は出させない』という意志の表れでしょう。苛め抜いて、厳しい追及をしている最中。これは被告人のためにもなるはずです」

 と、「必ずしも執行猶予が付くわけではない」との見解を示した。

 一方、「酒井法子 孤独なうさぎ」(双葉社)著者の渡邊裕二さんは、酒井被告が「介護の仕事をしたい」と証言したことについて、

  「現在、そう思っているだけで、日にちがたつにつれて、芸能界への復帰を、もしかしたら考え出してくるかもしれない。芸能関連でファッションの仕事もしていたので、(ファッションの)プロデュースをしてもいいだろうし、間口は広い」

と、芸能関連の仕事に復帰することについて楽観的だ。

 また、よみうりテレビ(日本テレビ系)の「ミヤネ屋」では、うつみ宮土理さんが

  「妻だったら(夫が覚せい剤を使っているのを知ったら)『やめなさい!』と驚くでしょう。覚せい剤は高価なはずなので、『いくらくらいかかるの?』って(聞くはず)。被告は経済観念がない。子どものことも考えていない。奥さんとしても妻としても資格のない人。腹立たしい」

 と、酒井被告の「家庭人」としての資質に疑問を呈していた。

 公判では、検察側が懲役1年6か月を求刑し、即日結審。判決は11月9日に言い渡されることが決まっている。

どうなってるのよ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091026-00000003-jct-soci

酒井法子 初公判いい人作戦大成功「2週間で覚せい剤抜けると思った」

ブログネタ
.気になったニュース24 に参加中!
酒井法子 初公判いい人作戦大成功「2週間で覚せい剤抜けると思った」

あの悪質な逃亡劇した女だということを忘れてはいけない。

時事通信によると「覚せい剤が悪いのではなく、悪いのはわたしです。申し訳ありませんでした」。かつての清純派アイドルから一転、覚せい剤事件の刑事被告人となった酒井法子被告(38)。東京地裁で26日開かれた初公判の法廷では、証言台で声を震わせ、大粒の涙を床に落としながら謝罪した。
 42席の傍聴席が埋まった425号法廷。酒井被告は、やや茶色い髪を後ろに束ね、ノーカラーの黒い上着に同色のスカート姿。傍聴席に軽く一礼して、被告人席に座った。
 名前や職業の問いには「高相法子です」「無職です」。起訴状の朗読後、内容に間違いないかとの裁判官の質問に、「いいえ、ありません」と、小さいがはっきりした言葉を返した。
 白いハンカチを握りしめながら審理を聞いた酒井被告は、法廷で自身の供述内容などの読み上げが進むにつれて、目をうるませ、目頭を押さえた。所属事務所の元社長が「14歳の時からともに頑張ってきた」と証言を始めると、正面を向いた顔のほおを涙が伝った。
 弁護側の被告人質問には、小声ながらよどみなく返答。覚せい剤を使用した理由を問われると、「一番身近な夫から勧められ、安易な思いで吸ってしまいました」と釈明した。
 「多くの人に夢を与える仕事なのに、逆に失望を与えた」。論告での指弾の言葉を、検察官をじっと見据えながら聞き入った酒井被告は、求刑の言い渡しにも表情を変えなかった。 

どうなってるのよ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091026-00000093-jij-soci

酒井法子初公判 いい人作戦大成功「2週間で覚せい剤抜けると思った」

ブログネタ
.気になったニュース24 に参加中!
酒井法子初公判 いい人作戦大成功「2週間で覚せい剤抜けると思った」

あの悪質な逃亡劇した女だということを忘れてはいけない。

夕刊フジによると覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された女優、酒井法子被告(38)の初公判が26日午後、東京地裁(村山浩昭裁判官)で開かれた。酒井被告は「間違いありません」と起訴内容を認め、検察側は1年6月を求刑した。夫の高相祐一被告(41)の逮捕から山梨への逃避行、そして出頭と、衝撃的な展開が続いた事件。法廷では薬物におぼれたトップ女優の素顔が次々と明らかになった。

 証拠品として、「娘、孫と3人で静かに暮らしたい」という継母から酒井被告への手紙や、酒井被告が自ら「もう覚醒剤は使用しない」と誓った謝罪文も提示された。継母への謝罪文が読み上げられた際、酒井被告はじっと裁判官の方を向いていた。

 続いて証人尋問が始まり、酒井被告を解雇したサンミュージックの相澤正久副社長が出廷した。

 相澤氏が「14歳のころから四半世紀、酒井被告とは父代わりとなって、一緒にやってきた」と切り出すと、酒井被告は大粒の涙を流してすすり泣きだし、何度もハンカチで涙をぬぐいながら相澤氏の証言を聞いていた。酒井被告の今後について、相澤氏は「仕事のサポートはできないが、社会に貢献できることに挑戦してほしい」と語った。それを受けて弁護側が「看護の道を勧めているのか?」と相澤氏にただすと、「はい」と大きな声で述べた。

 その後、検察側からの被告人質問が始まった。覚醒剤を初めて使用した状況について、酒井被告は「スッキリするもの、と夫から言われました。(最初は)ヘンな味、イヤな味がすると思いました」と説明。「使用を躊躇しませんでしたか」の問いには、「躊躇しましたが、自分自身の好奇心に負けました」と話した。そのうえで、「すべて夫からもらいました。(入手ルートは)追及しなかった」と述べた。

 使用頻度については「いつも、いつもではありませんが、月に1回程度。多いときは月に数回使っていました。だいたい、主人と吸っていました。主人が家に置いていった残りを1人で吸ったこともありました」と説明した。

 主に使用したのは深夜。その際、自宅にいた子供について尋ねられると、「寝室で寝ていたと思います」と答えた。「子供が見たら、とは考えなかったのか」の質問には、「考えました」と一言。「それなのに、なぜ?」と検察官が問いかけると、15秒の沈黙の後、小さな声で「大変軽率でした」と話した。さらに、「夫も私もやめたいと思い、いつも2人で『やめようね』と言っていました」とも語った。

 覚醒剤の危険性を認識していたか、との問いには「依存性が高く、幻覚障害から自傷行為、殺人に至る非常に危険な薬物です」と、芝居のセリフのようにすらすらと答えたが、「覚醒剤をやめられますか」と尋ねられると、「はい。自ら近寄らず、誰もが持っている良心に従い、当たり前のことを当たり前にやっていきたいと思います」と言葉を区切るように答えた。

 今後の仕事については、「まず、覚醒剤をやめて、介護の仕事をやっていくことになります」とした。離婚するのか、との検察官の問いには、「現在、夫と話すことができないが、私の気持ちとしては離婚し、覚醒剤から更生する努力をしていきます」と述べた。判決は11月9日に言い渡される。

どうなってるのよ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091026-00000016-ykf-ent
  • ライブドアブログ