起訴

「政界の最高実力者」民主党・小沢一郎氏を市民団体が起訴申し立て

ブログネタ
日常のささいなニュース に参加中!
「政界の最高実力者」民主党・小沢一郎氏を市民団体が起訴申し立て

小沢氏をもう許してはいけない!

産経新聞によると「政界の最高実力者」に対する訴追判断は、国民感覚に委ねられることになった。民主党の小沢一郎幹事長の不起訴処分を不当として、市民団体が12日、検察審査会(検審)に小沢氏を起訴するよう申し立てた審査。検察当局は嫌疑不十分と判断したが、小沢氏が民意によって起訴される可能性が出てきた。

 これまで検審の議決には法的拘束力がなかったが、司法制度改革の一環として昨年5月に民意を反映させる「起訴議決制度」が導入された。検審が「起訴相当」と判断した議決に対し、検察が再捜査でも不起訴にした場合、検審が再審査を行い、改めて「起訴相当」と議決すれば、対象者は強制的に起訴される。この場合、裁判所が指定した弁護士が“検察官役”を担って、起訴と公判の手続きを行うことになる。

 小沢氏は今回、2度に渡って東京地検特捜部の任意聴取を受けたが、政治資金収支報告書への虚偽記載について「秘書が独断でやったこと」と自身の関与を否定していた。

 関係者によると、特捜部は、衆院議員の石川知裕被告(36)が「小沢先生に虚偽記載の了承を得た」と供述したことなどから、小沢氏の立件を視野に捜査を進めたが、最終的には検察首脳が「十二分の証拠が必要」と立件のハードルを上げたため、起訴を見送ったとされる。

 こうした経緯もあり、法務・検察幹部の間では「検察は不起訴としたが、検審で起訴される可能性は高い」と指摘する声は少なくない。

 一方、鳩山由紀夫首相の資金管理団体をめぐる偽装献金事件でも、市民団体が先月、政治資金規正法違反罪で告発した鳩山氏を東京地検特捜部が嫌疑不十分で不起訴とした処分を不当だとして、検審に審査を申し立てており、現在、審査が行われている。

どうなっちゃうの!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100213-00000040-san-soci

酒井法子の釈放求め警察に爆破予告メール「高相法子を釈放して、連れて来い」「だんなの自白は間違いだらけだ」

ブログネタ
ニュースにコメント に参加中!
酒井法子の釈放求め警察に爆破予告メール「高相法子を釈放して、連れて来い」「だんなの自白は間違いだらけだ」

アホな男がいたもんですね。酒井法子の釈放を求めてメールを送りつけたらしい。

毎日新聞によると覚せい剤取締法違反(所持)で起訴された酒井法子(本名・高相=たかそう=法子)被告の釈放を求めるメールを警視庁に送りつけたとして、神奈川県警大和署が同県大和市の男性を、事実確認のため呼び出して話を聴いたことが28日分かった。

 県警などによると、男は今月中旬、警視庁のホームページに数回「高相法子を釈放して、連れて来い」「だんなの自白は間違いだらけだ」などとして、県内の複数の施設名を挙げて「警察の姿を見たら爆発する」などと脅す内容のメールを送ったという。警視庁の依頼で同署が話を聴いた。

どうなってるのよ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090828-00000089-mai-soci

酒井法子 今日にも起訴 とうとう芸能界追放

ブログネタ
ニュースにコメント に参加中!
酒井法子 今日にも起訴 とうとう芸能界追放

さよなら酒井法子。さようなら・・・。

スポニチアネックスによると東京地検は28日、覚せい剤取締法違反(所持)の罪でタレントの酒井法子容疑者(38)を起訴する。警視庁が追送検した使用容疑についても、容疑が固まり次第、追起訴するもよう。酒井容疑者の所属事務所「サンミュージック」は「起訴されたら解雇も」としており、酒井容疑者の芸能界追放が濃厚だ。

 酒井容疑者は8日の逮捕当初こそ、あいまいな供述が多かったが、起訴が迫り「覚せい剤をやめようと思ったが、やめられず量が増えた」などと、素直に容疑を認めているという。また、「お騒がせしてすみません」と反省の言葉も述べている。

 覚せい剤を使用したきっかけや時期、入手先などについても、一時は食い違を見せた夫の高相祐一容疑者(41)=覚せい剤取締法違反罪で起訴、同法違反容疑で再逮捕=の供述と一致し始めてきた。こうした供述の具体性と、毛髪鑑定で陽性反応が出たことなどから、地検は公判は維持できると判断したようだ。

 起訴後、保釈請求があっても、24日に追送検された使用容疑についての捜査を進め、追起訴を目指すもようだ。

 酒井容疑者の所属事務所「サンミュージック」は、逮捕翌日(9日)の会見で「起訴されれば解雇も含めて検討したい」と明言している。さらに、2本あったCM契約は打ち切り濃厚で、プロデュースするファッションブランド「PP rikorino」の商品も全国の販売店から撤去された。これらの損害賠償が発生する可能性も高く、事務所が受けたダメージは極めて大きい。社会的な影響も深刻で、事務所側は看板タレントとはいえ、解雇せざるを得ない状況。酒井容疑者は事実上、芸能界を追放されることになる。

どうなってるのよ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090828-00000045-spn-ent
  • ライブドアブログ