矢田亜希子

矢田亜希子「芸能界で仕事をしたいのなら一刻も早く会見をするべき」

ブログネタ
.気になったニュース24 に参加中!
矢田亜希子「芸能界で仕事をしたいのなら一刻も早く会見をするべき」

「矢田にとって、今の最大の仕事は記者会見だ。押尾と縁を切ったことをハッキリさせなければ、視聴者も見ていて気持ちいいものではない。矢田も押尾という重しを背負ってしまった被害者のひとり。実力のある女優なので、心の踏ん切りをつけて、ぜひカムバックしてほしい」


夕刊フジによると俳優、押尾学被告(31)と離婚した元妻で女優の矢田亜希子(30)の近況を「女性自身」の最新号が報じている。

  [フォト]押尾被告保釈時の服装と様子にテリー伊藤「誠意が伝わらない」

 近所の住人の話では、「激やせというほどではないにしろ、以前と比べればかなりやつれた様子」だと伝えている。

 離婚から2カ月。精神面でのショックがかなりあり、近所の人とあってもうつむき加減だったという。

 押尾被告と一緒に合成麻薬MDMAを使用し、亡くなった女性をめぐり、押尾被告の再聴取が始まったことも、矢田の年内の復帰を難しくしているようだ。

 「元夫のダメージが人々の脳裏にかすむ間は、キャスティングしにくい。女性の死との因果関係の真相は捜査結果を待つしかないが、人が1人亡くなっていることは、酒井法子夫婦よりも深刻」と大手映画配給会社のスタッフ。

 矢田の芸能界復帰には何が必要なのか。芸能評論家の肥留間正明氏は「このままでは来年いっぱいは厳しい」としながら、こう言い切る。

 「芸能界で仕事をしたいのなら一刻も早く会見をするべき。矢田にとって、今の最大の仕事は記者会見だ。押尾と縁を切ったことをハッキリさせなければ、視聴者も見ていて気持ちいいものではない。矢田も押尾という重しを背負ってしまった被害者のひとり。実力のある女優なので、心の踏ん切りをつけて、ぜひカムバックしてほしい」

どうなっちゃうの!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091014-00000000-ykf-ent

押尾学「薬物反応を消すための点滴のような証拠隠滅処置を受けていた疑いがある」

ブログネタ
.気になったニュース20 に参加中!
押尾学「薬物反応を消すための点滴のような証拠隠滅処置を受けていた疑いがある」 

本当情けない・・押尾学という男は。捜査関係者は「薬物反応を消すための点滴のような証拠隠滅処置を受けていた疑いがある」と明かす。

スポニチアネックスによると押尾容疑者が警視庁麻布署に出頭したのは、3日午後1時前。死亡推定時刻は「2日午後5~6時ごろ」とみられており、女性の異変から早くても約19時間も経過してからの出頭となった。

 本人の供述を裏付けるように女性の肋骨にヒビが入っていたことから、死亡直後に心臓マッサージをして蘇生(そせい)を試みたことは間違いなさそうだが、この後の行動には「事件から逃れようとしたと思われる疑いが色濃い」(捜査関係者)という。

 深夜、マンションから出て行った押尾容疑者は午後1時前まで、どこで何をしていたのか。捜査関係者は「薬物反応を消すための点滴のような証拠隠滅処置を受けていた疑いがある」と明かす。

 もう一つの芸能界ドラッグ事件である酒井法子容疑者(38)の覚せい剤取締法違反事件で、疑惑が持たれているのが6日間にわたる失跡中のクスリ抜き。結果的に酒井容疑者は尿検査で薬物反応が検出されなかったが、翌日にマネジャーから促されて出頭した押尾容疑者は検査で反応が出たというわけだ。

 実は、押尾容疑者の周辺で「すぐに事情聴取に応じなかった人物がいる」という。それは、事件当日の午前中から押尾容疑者とそば店に出掛けていた友人。女性に異変が起きた際も駆けつけており、マンションから出た後の押尾容疑者に同行していたとみられている。

 背後に「海外の犯罪組織とも関係のある不良グループの存在もちらつく」(捜査関係者)という人物。点滴でのクスリ抜きを準備したとなれば、薬物の入手にもつながっている可能性もある。押尾容疑者との関係を含め、事件との関連を詳しく調べている。


どうなっちゃうの!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090817-00000046-spn-ent

押尾学 捜査かく乱 本当の入手ルートを隠すため、あえて架空のラスベガス・ルートをほのめかし

ブログネタ
.気になったニュース20 に参加中!
押尾学 捜査かく乱 本当の入手ルートを隠すため、あえて架空のラスベガス・ルートをほのめかし

防犯カメラに深夜、周囲をうかがいながら建物から出ていく姿も・・・。

スポニチアネックスによると合成麻薬MDMAの入手ルートについて「知人からもらった」「女性からその場でもらった」と供述を変えている押尾学容疑者(31)。捜査関係者が信ぴょう性を疑う中、米国のラスベガス・ルートをほのめかすような供述も始めたという。

 捜査当局で裏付けを進めると、押尾容疑者は事件直前の7月末までラスベガスに長期滞在していたことが分かった。レジャー産業グループ企業のスタッフらが一緒に渡米していた。

 米国のMDMAの押収量は急増しており、不純物の多いニセモノも多く、錠剤によって効果に大きな差があるという。専門家によれば「合成麻薬はモノによっては作用が遅く、弱いMDMAを飲んだと思い込んで立て続けに追加し、過剰摂取となり死に至るケースがある」という。

 ただ、ラスベガスでどのように入手し、国内に持ち込んだのかなど、供述の信ぴょう性に疑いがあるという。本当の入手ルートを隠すため、あえて架空のラスベガス・ルートをほのめかした可能性もあると捜査当局は、裏付け捜査を急いでいる。

どうなっちゃうの!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090817-00000047-spn-ent

押尾学に新疑惑 防犯カメラに深夜、周囲をうかがいながら建物から出ていく姿

ブログネタ
.気になったニュース20 に参加中!
押尾学に新疑惑 防犯カメラに深夜、周囲をうかがいながら建物から出ていく姿

現場を離脱していた間に薬物使用の証拠隠滅を図ったという噂もある・・・。

スポニチアネックスによると日本中に衝撃を与えた俳優、押尾学容疑者(31)の合成麻薬使用事件。犯行現場には女性(30)の全裸死体があり、その死因、押尾容疑者との関係、薬物の入手ルートなど依然として謎が多い。周辺取材を進めると新たな疑惑も浮かび上がってきた。押尾容疑者の複雑怪奇な人脈とともに、事件の深層に迫った。(特別取材班)

 去る14日、拘置延長となった押尾容疑者。期間は15日から24日までの10日間。

 「これまでが(押尾容疑者の)弁明の期間としたら、いまはそれを突き崩している期間」と捜査関係者。使用した合成麻薬MDMAについて、当初「知人にもらった。いつかは分からない」と言っておきながら、その後「死亡した女性からその場でもらった」と話すなど、二転三転している供述の信ぴょう性を厳しく追及している。

 中でも、大きく揺れているのは「薬物の入手ルート」関連と女性に異変が生じてからの「自身の行動」について。後者は「保護責任者遺棄致死罪」にあたる疑いがあるため、細かく追及し、裏付けを進めている。

 その中で新たに浮かび上がってきたのが現場を離脱していた間に薬物使用の証拠隠滅を図った疑惑だ。

 事件当日の動向からも明らかだが、押尾容疑者は第1通報者となる知人が119番をしたタイミングで女性が死亡した部屋を出て「ミーティングルーム」と呼んでいた別のフロアの部屋へ移動したとされる。その後、知人とマネジャーが救急隊員や警察官に事情を聴かれている中、一度も姿を見せないままマンションから姿を消している。マンションの防犯カメラには、深夜、周囲をうかがいながら建物から出ていく押尾容疑者の姿が写っていたのだ。

どうなっちゃうの!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090817-00000045-spn-ent
  • ライブドアブログ