押尾学から薬を貰った現役有名モデルは西山茉希?「押尾容疑者から気持ちよくなるから飲みなよ、と言われて薬物を受け取った」

ブログネタ
とほほなニュース に参加中!
押尾学から薬を貰った現役有名モデルは西山茉希?「押尾容疑者から気持ちよくなるから飲みなよ、と言われて薬物を受け取った」

西山茉希といえば、テレビやCMにも出ているし、ジャニーズの赤西の彼女ですよね。

夕刊フジによると麻薬取締法違反(譲渡)容疑で逮捕された元俳優、押尾学容疑者(31)が、薬物中毒で死亡した銀座のクラブホステス、田中香織さん=当時(30)=以外の複数の女性にも合成麻薬MDMAを渡していたことが分かった。警視庁捜査1課はMDMAを渡された現役有名モデルNなど複数の女性タレントから事情聴取を行っており、芸能界の底知れぬ薬物汚染の実態は、どこまで明かされるのか。

 押尾容疑者は、同法違反容疑で逮捕されたネット販売業、泉田勇介容疑者(31)と、証拠隠滅容疑で逮捕された遠藤亮平容疑者(28)とともに、9日に東京地検に送検されたが、依然として容疑を否認している。

 だが同課は押尾容疑者と親しかった複数の女性に任意で事情聴取を済ませており、「押尾容疑者から『気持ちよくなるから飲みなよ』と言われて薬物を受け取った」との証言を集めている。

 時期は7月下旬ごろ、田中さんが亡くなる数日前だった。

 薬物を飲んだ女性の中には、服用後、一時的だが意識を失った人もいて、同課の聴取に「死んでいたのは私だったのかも」と話す女性もいたという。

 関係者によると、聴取された女性らのうち、押尾容疑者から薬物を受け取ったことをはっきり認めたのは都内のクラブ女性と現役有名モデルのN。この関係者は「裁判になれば、この2人の陳述書が法廷で証拠として提出される可能性がある。薬物汚染の実態が明かされれば、押尾容疑者だけでなく芸能界は最大級の薬物スキャンダルに見舞われる」と指摘する。

 Nは10代のときに民放の有名ドラマに出演するなど早くから注目を集め、170センチ以上の長身スレンダー体型を生かして女性ファッション誌のモデルとして活動するほか、テレビの情報番組にもレギュラー出演している。押尾容疑者が逮捕された直後からネットにはたびたび名前がとりざたされていた。

 先の関係者は「公判で名前を出さないから、という条件で陳述書を取ったようだ」と話すが、法廷で名前が伏せられることは考えにくく、「公判前に所属事務所が解雇する可能性が高い」と話す関係者もいる。

 また、押尾容疑者との接点が注目されていたNよりも格上の人気モデルA、B、Cの3人について、広告代理店のキャスティング担当者は、「捜査の進展しだいでは、契約などを見直さないといけないため調査や対応に追われているが、現時点では直接の捜査対象になっていないようだ」と胸をなでおろしている。 

 しかし、押尾容疑者の女性人脈は複雑に絡んでいて、再逮捕直前まで、女性との交遊関係が伝えられているため、予断を許さない状況。

 業界内からは、「今後のCMやドラマのキャスティングは、十分に“身体検査”をしないとモデルや女優を起用できない」(先の担当者)というため息も聞こ

どうなってるのよ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091210-00000021-ykf-ent

押尾学 反省ゼロ「オレは救急車を呼ぶように別のやつに頼んだの。そいつがちゃんとやってなかったんだよ」

ブログネタ
一押しニュース に参加中!
押尾学 反省ゼロ「オレは救急車を呼ぶように別のやつに頼んだの。そいつがちゃんとやってなかったんだよ」

MDMAを使用したとして、麻薬取締法違反の罪に問われ保釈中だった10月、押尾容疑者はTBSのインタビューに応え、田中さんの死亡の経緯について聞かれ、逆ギレしていた。

夕刊フジによると東京・六本木ヒルズのマンションの一室に一緒にいて死亡した元ホステス、田中香織さん=当時30=に合成麻薬MDMAを渡したとして、麻薬取締法違反(譲渡)容疑で逮捕された元俳優、押尾学容疑者(31)。今後は、田中さんの保護責任者遺棄容疑で立件されるかが焦点となり、実刑判決の可能性もあるが、当の押尾容疑者には反省の色はない。“密室劇”の真相はいつ明らかになるのか。

 白のVネックのシャツに茶色のジャンパー姿の押尾容疑者は横浜市内で身柄を確保され、午後5時36分ごろ、警視庁の車両で麻布署に入った。約200人の報道陣、周囲の整理にあたる署員50人以上、やじ馬も詰めかけ、騒然とした雰囲気となった。

 「オシオー」という叫び声とフラッシュが交錯する中、押尾容疑者は厳しい表情で報道陣に“ガン”を飛ばように視線を動かし、顔を隠すこともなく署内に入った。

 MDMAを使用したとして、麻薬取締法違反の罪に問われ保釈中だった10月、押尾容疑者はTBSのインタビューに応え、田中さんの死亡の経緯について聞かれ、逆ギレしていた。

 田中さんの異変から119番通報まで3時間かかったことに、「オレは救急車を呼ぶように別のやつに頼んだの。そいつがちゃんとやってなかったんだよ」と他人事のようなセリフ。「(異変が起きたとき)オレは助けようと思ったの」と、最大限の努力をしたことを強調していた。

 押尾容疑者は執行猶予判決を受けて“自由の身”になると、田中さんの元に謝罪に訪れることもせず、女性と接触していたようだ。関係者が明かす。

 「押尾は、逮捕前から付き合っていた六本木のサパークラブの元ホステスと行動をともにしていた。このサパークラブは人気ミュージシャンが経営する店として有名」

 一方で、先月下旬に捜査員が任意の捜査を要請すると「九州にいるから無理」と“逃げ”の姿勢をみせていた。押尾容疑者の交友関係には、各界の大物もいるため、一時は「消されたのでは?」などの憶測も飛んだが、実際には逮捕間際に横浜市内に潜伏。周囲に「オレはどうなるんだ」とおびえた様子を見せていたという。

 捜査1課は押尾容疑者にMDMAを渡した同法違反(譲渡)容疑でネット販売業で友人、泉田勇介(31)、田中さんの携帯電話を捨てた証拠隠滅容疑で元マネジャー、遠藤亮平(28)両容疑者も逮捕した。

 押尾、泉田両容疑者は容疑を否認しているが、調べによると、両容疑者の間では薬物の譲渡をうかがわせるようなメールのやりとりがあったとされる。

 「まずは譲渡容疑を固めた上でないと、保護責任者遺棄容疑は立件できない」(捜査関係者)と、譲渡のキーマンで薬物入手ルートを知る泉田容疑者の確保が絶対条件となっていたため、3人の同時逮捕となった。

 弁護士で日大名誉教授の板倉宏氏は「譲渡だけでも実刑になる可能性はあるが、女性が死亡して、社会でも問題になっている。警察としては、保護責任者遺棄または遺棄致死での立件を目指しているのでしょう」とし、量刑については「遺棄罪なら4年程度、遺棄致死罪なら8年程度では」とみている。

どうなっちゃうの!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091208-00000011-ykf-ent

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長 張り紙はがした元係長にボーナス支給せず

ブログネタ
一押しニュース に参加中!
鹿児島県阿久根市の竹原信一市長 張り紙はがした元係長にボーナス支給せず

いったいどうなっちゃうの!?

読売新聞によると鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(50)が、庁舎内に掲示していた職員人件費の張り紙をはがした係長の男性(45)を懲戒免職処分にした問題で、市は男性に期末・勤勉手当(ボーナス)を支給しない方針を決めた。

 市条例の規定では、市は男性が処分前に勤務した約60日と、鹿児島地裁が処分の効力停止を決定した後の約40日の計約100日分について、支払い義務がある。男性の代理人弁護士は「行政の長が法律を無視している。法治国家にあるまじき行為」と非難している。

 市総務課によると、冬のボーナスは「一般職に属する職員の給与に関する条例」に基づき、6月2日以降の勤務状況に応じて今月10日に一斉支給される。

 竹原市長は、張り紙をはがした男性の行為を「行財政改革を支持する市民への挑戦」として、7月31日付で懲戒免職処分にした。

 だが、男性は6月2日から処分日までは通常通り勤務。さらに、鹿児島地裁が10月21日付で処分の効力停止を決定した後は、職員としての身分が法的に認められている。このため、条例に従えば、約100日分の約50万円が支給される計算になるという。

 市は地裁の決定を不服として即時抗告したが、福岡高裁宮崎支部は4日付で棄却した。しかし、市長はこれまで「復職させた場合、他の職員と一緒になって市長の命令に背くようになる」として司法判断を受け入れず、男性の職場復帰を認めない上、給与も支払っていない。

 男性は同地裁の決定後、市役所に出勤して働く意思を示しているが、市は門前払いを続けている。男性は市を相手取り、未払い給与を請求する訴訟を地裁に起こしており、ボーナスが不払いの場合、同様に請求する訴訟を起こす予定。

 男性の代理人を務める増田秀雄弁護士は「度重なる司法判断を無視し、復職を認めない市長の行為は、行政の長として許されない」と批判。自治労鹿児島県本部の高橋誠書記次長は「市長自らが条例を守らないのであれば、阿久根市は治外法権を宣言しているようなものだ」と話している。

 市側は取材に対し、「市長の指示で払えない」と説明。読売新聞は8日、市長に取材を申し込んだが、市長は応じなかった。

どうなっちゃうの!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091209-00000143-yom-soci
  • ライブドアブログ