押尾学 捜査かく乱 本当の入手ルートを隠すため、あえて架空のラスベガス・ルートをほのめかし

ブログネタ
.気になったニュース20 に参加中!
押尾学 捜査かく乱 本当の入手ルートを隠すため、あえて架空のラスベガス・ルートをほのめかし

防犯カメラに深夜、周囲をうかがいながら建物から出ていく姿も・・・。

スポニチアネックスによると合成麻薬MDMAの入手ルートについて「知人からもらった」「女性からその場でもらった」と供述を変えている押尾学容疑者(31)。捜査関係者が信ぴょう性を疑う中、米国のラスベガス・ルートをほのめかすような供述も始めたという。

 捜査当局で裏付けを進めると、押尾容疑者は事件直前の7月末までラスベガスに長期滞在していたことが分かった。レジャー産業グループ企業のスタッフらが一緒に渡米していた。

 米国のMDMAの押収量は急増しており、不純物の多いニセモノも多く、錠剤によって効果に大きな差があるという。専門家によれば「合成麻薬はモノによっては作用が遅く、弱いMDMAを飲んだと思い込んで立て続けに追加し、過剰摂取となり死に至るケースがある」という。

 ただ、ラスベガスでどのように入手し、国内に持ち込んだのかなど、供述の信ぴょう性に疑いがあるという。本当の入手ルートを隠すため、あえて架空のラスベガス・ルートをほのめかした可能性もあると捜査当局は、裏付け捜査を急いでいる。

どうなっちゃうの!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090817-00000047-spn-ent

押尾学に新疑惑 防犯カメラに深夜、周囲をうかがいながら建物から出ていく姿

ブログネタ
.気になったニュース20 に参加中!
押尾学に新疑惑 防犯カメラに深夜、周囲をうかがいながら建物から出ていく姿

現場を離脱していた間に薬物使用の証拠隠滅を図ったという噂もある・・・。

スポニチアネックスによると日本中に衝撃を与えた俳優、押尾学容疑者(31)の合成麻薬使用事件。犯行現場には女性(30)の全裸死体があり、その死因、押尾容疑者との関係、薬物の入手ルートなど依然として謎が多い。周辺取材を進めると新たな疑惑も浮かび上がってきた。押尾容疑者の複雑怪奇な人脈とともに、事件の深層に迫った。(特別取材班)

 去る14日、拘置延長となった押尾容疑者。期間は15日から24日までの10日間。

 「これまでが(押尾容疑者の)弁明の期間としたら、いまはそれを突き崩している期間」と捜査関係者。使用した合成麻薬MDMAについて、当初「知人にもらった。いつかは分からない」と言っておきながら、その後「死亡した女性からその場でもらった」と話すなど、二転三転している供述の信ぴょう性を厳しく追及している。

 中でも、大きく揺れているのは「薬物の入手ルート」関連と女性に異変が生じてからの「自身の行動」について。後者は「保護責任者遺棄致死罪」にあたる疑いがあるため、細かく追及し、裏付けを進めている。

 その中で新たに浮かび上がってきたのが現場を離脱していた間に薬物使用の証拠隠滅を図った疑惑だ。

 事件当日の動向からも明らかだが、押尾容疑者は第1通報者となる知人が119番をしたタイミングで女性が死亡した部屋を出て「ミーティングルーム」と呼んでいた別のフロアの部屋へ移動したとされる。その後、知人とマネジャーが救急隊員や警察官に事情を聴かれている中、一度も姿を見せないままマンションから姿を消している。マンションの防犯カメラには、深夜、周囲をうかがいながら建物から出ていく押尾容疑者の姿が写っていたのだ。

どうなっちゃうの!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090817-00000045-spn-ent

来栖あつこ Takuyaに捨てられ恋愛リハビリ中! 自殺予告で話題集めてDVD発売

ブログネタ
ニュースにコメント に参加中!
来栖あつこ Takuyaに捨てられ恋愛リハビリ中! 自殺予告で話題集めてDVD発売

ここまで無理やり話題を集めたんですから、DVD売れると良いですね。 

オリコンによると今年6月に元交際相手の俳優と“金銭騒動”を巻き起こしたタレントの来栖あつこが16日、東京・秋葉原で7年ぶりとなるDVD『SWEET』の発売記念イベントを行った。現在“アラサー”の来栖は「最近は若い子も露出が高く、私も頑張っちゃいました!」とDVDの内容をサラリとアピール。この日はファン 100人と対面し「直に顔を見れると(不安が)消えて泣きそうでした」と感謝の弁。一方、恋愛に関しては「今は病み上がりなので……リハビリ中です。しばらくは友人に支えてもらいます」とした。

 自身のブログで金銭トラブルや不安定な精神状態を書き綴ったことなどから6月末に会見を行って以来、久々に公の場に姿を見せた来栖は「昨年、グラビアを久々にやって(予想以上の)反響がありまして。……でも、成長したのは年齢ぐらいかな?」と苦笑い。撮影はすでに今年2月に終えており「(撮影と)プライベートは別ですから!」とキッパリ。出来栄えには「80点。まだまだ頑張りたい」としたが一部で噂された“ヌード挑戦”には「ないですよ」と否定した。

 取材には、アキバ系の情報を得意とする媒体を含めおよそ30人の報道陣が集結。金銭トラブルのその後について報道陣から「だいぶ落ち着いた?」と聞かれると「そうですね」と静かに一言。続けて、騒動をきっかけに各方面から連絡が入ったといい「久しぶりに連絡を頂く方もいた。人の付き合い方も自分で選択しないとって考えました」と語り、今後は「実力でみせていかないといけない。丁寧に仕事をやっていきたいですね」と意気込みを語った。

どうなっちゃうの!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090814-00000024-oric-ent
  • ライブドアブログ