酒井法子 元弁護士の知人の箱根別荘に潜伏

ブログネタ
.気になったニュース20 に参加中!
酒井法子 元弁護士の知人の箱根別荘に潜伏

この元弁護士は、酒井容疑者に現在の担当弁護士を紹介したようで、かつて同じ法律事務所にも籍を置いていた。

スポニチアネックスによると覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕されたタレントの酒井法子容疑者(38)が行方不明となっていた間、神奈川県箱根町の知人の別荘に立ち寄っていたことが17日、分かった。この別荘を所有する男性から弁護士を紹介されたとみられる。一方、千葉県勝浦市の別荘からは覚せい剤のほか、吸引用の器具も押収されていた。酒井容疑者は19日に拘置期限を迎えるが、検察は延長を請求して覚せい剤使用の実態をさらに詳しく調べるもようだ。

 行方をくらましていた“空白の6日間”の新たな足取りが分かった。

 これまで東京都内のホテル、立川、山梨、箱根町などに立ち寄ったことを供述していたが、箱根町では知人の別荘に身を寄せていた。長男(10)が東京都港区内の知人宅で無事と確認された6日とみられる。翌7日には逮捕状が出て「容疑者」となっていた。

 捜査関係者などによると、別荘の所有者は元弁護士。夫の高相祐一容疑者(41)=同容疑で逮捕=が3日未明に渋谷区内の路上で現行犯逮捕された際、酒井容疑者とともに現場に駆けつけ「社長」と呼ばれていた男性が、紹介したとみられている。

 この元弁護士は、酒井容疑者に現在の担当弁護士を紹介したようで、かつて同じ法律事務所にも籍を置いていた。

 別荘は2階建てで、広い敷地の中は草が生い茂っている。周辺は昼間でも人通りが少ない。管理する女性は「人がいたなんて気が付かなかった」と話した。

 一方、両容疑者が出入りしていた勝浦の別荘からは少量の覚せい剤のほか、ストローなどの吸引器具も見つかっていた。使用された跡があり、警視庁は夫婦で使用した疑いもあるとみて慎重に調べている。

 酒井容疑者の自宅マンションから見つかった覚せい剤は微量(0・008グラム)だったため、捜査関係者の間では「起訴は困難」との指摘も出ていたが、勝浦で押収した覚せい剤は夫婦で共同所持していた可能性もある。警視庁は毛髪鑑定を進めるとともに、行方をくらました経緯などと合わせて詳しく調べている。

どうなっちゃうの!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090818-00000045-spn-ent

火遊び大得意の加護亜依「過去最大露出」ノーブラ&生パンティー姿 乳首らしき突起も

ブログネタ
.気になったニュース20 に参加中!
火遊び大得意の加護亜依「過去最大露出」ノーブラ&生パンティー姿 乳首らしき突起も

「講談社さんを恨んでいません」と言いつつ「当時の携帯のアドレスは『fu●k-kodansha@~』でした」

夕刊フジによるとタレント、加護亜依(21)が24日発売の「加護亜依写真集『金曜日』」(講談社、2100円)で、ノーブラ&生パンティー姿を披露している。

 “過去最大露出”とうたうだけに、ガウンのすき間から胸の谷間をちらつかせ、包帯で胸をグルグル巻きにした写真では、バストトップに乳首らしき突起も…。加護は「これまで見たことがない私が、たっぷりつまってます!」と気合いも十分だ。

 2006年2月に当時18歳だった加護の喫煙をスクープした写真週刊誌「フライデー」編集長との因縁の対談も。「講談社さんを恨んでいません」と言いつつ「当時の携帯のアドレスは『fu●k-kodansha@~』でした」と告白している。

どうなっちゃうの!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090817-00000014-ykf-ent

酒井法子 育熱心なママが2年前から変化 覚せい剤使用が子育てに影響 

ブログネタ
.気になったニュース20 に参加中!
酒井法子 育熱心なママが2年前から変化 覚せい剤使用が子育てに影響 

一番の被害者は子供ですね。かわいそうに。両親ともに逮捕される最悪の事態だ。

スポーツ報知によると覚せい剤取締法違反(所持)容疑で、女優の酒井法子(本名・高相法子)容疑者(38)と夫の自称プロサーファー・高相祐一容疑者(41)が逮捕された事件で、夫妻の長男(10)が通う都内の小学校でも動揺が広がっている。

 同校は進学熱も高く、OBには著名な政治家、学者、作家らも名を連ねる。現在は夏休み中だが、同校の関係者によると、のりピー親子が行方不明になったと判明した4日から、父母らの間でも安否を気遣う声が相次いだ。両親ともに逮捕される最悪の事態となってしまい、世間では両容疑者に対する厳しいバッシングが噴出。依然、波紋を呼んでいるが、学校内では長男への同情の声も少なくない。

 別の関係者によると、酒井容疑者は芸能人を気取ったところがまったくなく、いち母親として運動会など学校行事にも積極的に参加。PTAの役員の一人として嫌がるような役回りも率先して引き受けていた。飾らない雰囲気から、学校周辺での評判は悪くなかった。

 しかし、2年ほど前からその熱心さが次第に薄れてきたという関係者も。酒井容疑者は「昨年夏ごろから覚せい剤を吸っていた」と供述しているが、子育てにも影響を及ぼしていたのかもしれない。4年生の長男は性格が良く、友達からも人気があるという。一連の騒動が続く中で長男が、2学期を迎えることができるのか、真剣に心配する声も出ている。

どうなっちゃうの!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090816-00000276-sph-ent
  • ライブドアブログ